ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

LGBTとして生きる スイス軍初のトランスセクシュアル兵士追った番組、明日から配信

クラウディア・マイアーさん

スイス軍初のトランスセクシュアルの兵士、クラウディア・マイアーさん

(SRF-SWI)

スイス軍初のトランスセクシュアル(心と体の性が一致しない人)兵士として、2014年にコソボでの平和維持活動に参加した女性がいる。クラウディア・マイアーさん(50)だ。スイスインフォ日本語サイトでは23日から5日間連続で、マイアーさんに密着したスイス公共放送(SRF)のドキュメンタリー番組を日本語字幕付きでオンライン配信する。

マイアーさんはベルン州生まれ。地元でホテル経営をしていたマイアーさんは2010年、40歳を過ぎて初めて自分がトランスセクシュアルであることをカミングアウトした。その後はホテルを売り、性的適合手術を受けて男性から女性になった。

もともと600日の兵役を修了していたマイアーさんは2013年、スイス軍がコソボで展開する平和維持活動への参加を希望。軍は彼女が性的適合手術を受けたことを理由に一度は参加申請を却下したものの、最終的には営舎のコック兵としてコソボへの派遣を認めた。

胃袋を守る 永世中立国スイスの「ミリメシ」最前線

永世中立国スイスが世界に誇るスイス軍。その胃袋を守るコック兵は、スイス中央部トゥーンにある炊事教育専門施設「食糧訓練センター」で日夜腕を磨く。今でこそミリタリー料理は一般市民にも愛されているが、200年前は「一掴みのパンと少量の小麦粉」しか与えられない粗末なものだった。

スイス軍初のトランスセクシュアル女性として、マイアーさんは各メディアで大きく取り上げられた。軍が「トランスセクシュアルは兵役不適とする」という紋切り型の規則を少しずつ社会の実態に合わせていくようになったのも、このマイアーさんの一件があったからだ。

性の多様性 スイス軍、トランスジェンダーにも門戸開放か

スイス軍は性的マイノリティー(少数者)の兵士の受け入れ態勢を強化している。性の多様性の担当部局を設けたほか、体と心の性が一致しないトランスジェンダーの人たちを「不適格」とし入隊を原則認めない規則を見直している。

このコンテンツは2019/06/18 13:49に配信されました

いつもニコニコと笑みを絶やさないマイアーさんだが、その笑顔を手にするまでには多くの犠牲を払ってきた。男性から女性になり、本当の自分を取り戻した彼女が得たものとは何だったのかー。そんなマイアーさんの素顔をスイス公共放送のカメラが追った。

SRFのドキュメンタリー番組「Mensch Claudia」は2015年に放送された。スイスインフォはスイス公共放送協会(SRG SSR)の国際部。


(文・宇田薫、字幕翻訳・小山千早)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。