イタリアのウルバーニアからベルンへ

スイスでスパゲティを合法化させたイタリア人レストラン経営者


イタリア人自身がそうであったように、イタリア料理もかつては風変わりなものと見られ、スイスでは必ずしも歓迎されなかった。スイスにイタリア料理を持ち込んだパイオニアらは、スイス最大の外国人コミュニティーであるイタリア人コミュニティーとイタリア料理に対する差別をなくすために尽力した。一皿一皿に思いを込めて。これはベルンに住むそんな草分け的イタリア人レストラン経営者の物語だ。

 ある火曜日の午前中、町のほとんどのレストランは客がいないか、まだ準備中だ。しかし、ベルンのイタリア料理店「ドルチェ・ヴィータ」では、すでに何十人もの客がコーヒーの豊潤な香りに包まれ楽しそうにおしゃべりをしている。新聞を読んでいる人もいれば、話し込んでいる人もいる。友人たちとビールのグラスを掲げている人もちらほらと…

 そこかしこからイタリア語やポルトガル語、スペイン語が少し聞こえてくるが、レストランで聞こえる会話のほとんどはベルンドイツ語だ。「ドルチェ・ヴィータ」がご近所さんの集う場所であることは間違いない。

 これらすべての功績は、「ドルチェ・ヴィータ」を経営するアドリアーノ・タッラリーニさん(89)によるところが大きい。羊皮の小さい帽子をかぶり、写真の束を手にしたこの伝説的なのレストラン経営者は、自ら私にコーヒーを出すと、そのまま席に着き、自分の半生を語り始めた。


 今日では、タッラリーニさんらイタリア人はスイス最大の外国人コミュニティーを築き上げ、スイス社会に適応した成功例として引き合いに出されることも多い。イタリア料理はスイスの日常生活の一部になっている。しかし、いつの時代もこうであったわけではない。

 特に1960、70年代は、イタリア人移民はスイス人から偏見と不信の目で見られていた。イニシアチブ(国民発議)はイタリア人移民を標的にして、「外国人が多過ぎる」と激しく非難した。また、イタリア料理に対する偏見を誇張することも多かった。(イタリア人は)ニンニクを食べ過ぎるし、猫や白鳥の肉を食べるのか知らないが、味覚がおかしいと揶揄した。

貧しさに背中を押されて


 タッラリーニさんはイタリア東部マルケ州ペーザロ県のウルバーニアに生まれた。両親はオステリアを営んでいた。

 「オステリアとは、きちんと作られた料理をとても安く食べることのできる最も庶民的なレストランのことだ」とタッラリーニさんは説明する。「私が育ったのはまさにそういう環境だった」

 タッラリーニさんは「いつもお金が無かった」と当時を振り返る。1955年、タッラリーニさんは先に国を出た人々のように外国で運を試そうと決めた。最初に働いたのは、スキーリゾートのヴェンゲンにある駅のセルフサービス型レストランだったが、そこでは不倫と根も葉もない性感染症の疑いを持たれるという珍騒動に巻き込まれた。次に、ベルンに来たタッラリーニさんはヴァレー地方のスイス料理の店「ヴァリサー・カンネ」で給仕として働き始めた。

 いつも換気扇が壊れているその店で10年間働いた。「ナイフで空気を切ることができるほど煙たかった」。その後、タッラリーニさんは見習いを終わらせることに決め、最終的には「カーサ・ディタリア(イタリアの家)」を経営することになった。

 「この店で、私の人生の闘いが始まり、本当の情熱が生まれた。私が持っていた全てをカーサ・ディタリアの経営に捧げた」とタッラリーニさんは話す。


 「レストランは古く、何もかも修繕する必要があった。私はそのために信じられないほどよく働いた。朝6時に始めて12時間働くのが常だった」

 タッラリーニさんの努力は報われる。当初、カーサ・ディタリアは、まだ一般大衆向けの営業ではなく、イタリア人コミュニティーのクラブのような存在だった。イタリア人客に限定した営業しか許可されていなかったが、スイス人客の足がカーサ・ディタリアに向くようになり、その数はますます増えていった。82年、カーサ・ディタリアに対する差別待遇に正式に終止符が打たれた。ベルンの日刊紙ブントは「スパゲティ 合法化」の大見出しを掲げた。

 差別をなくしたこの偉業にはイタリア政府も感銘を受けた。86年、イタリア人コミュニティーのために尽力した功績を称えて、イタリア共和国功労勲章「カヴァリエーレ」(共和国の騎士)をタッラリーニさんに授与した。

 その1年後には、ベルン市長のヴェルナー・ビルヒャー氏(当時)は推薦状をタッラリーニさんに宛ててしたためた。「大いなる勇気、能力、献身をもって、アドリアーノ・タッラリーニ氏はカーサ・ディタリアを成功に導いた。また、このレストランで美味しい料理を食べる楽しみを分かち合うことを通じて、イタリア人と生粋のベルン住民との間に良好な関係を構築することに終始貢献してきた」

 「タッラリーニ氏は、カーサ・ディタリアをただのレストラン以上のものにした。カーサ・ディタリアは、イタリア人もベルン住民もくつろぐことのできる人気の集会所だ」

おもてなしのパイオニア

 タッラリーニさんは経済的成功も収めた。

 「私がカーサ・ディタリアを始めた頃 、利益は年間40万フラン(約3450万円)ほどだったが、14年後に店を手放した時には470万フランにも上った」とタッラリーニさんは誇らしげに話す。

 タッラリーニさんはそのうちにベルンにあるもう1件のイタリア料理店「ボッカリーノ」を買い取った。これは、タッラリーニさんがベルン市内に所有した多くのレストランの1つに過ぎない。いくつかはすでに所有しているレストランに近かったというだけの理由で買った。

 「ライバルを近づけないためだよ」とタッラリーニさんは冗談半分に言う。

 タッラリーニさんは所有したすべての店で成功を収めてきた。特に誇りに思っているレストランの中に、「イル・マッパモンド(地球)」という名前のレストランがある。この名前を選んだのは、そのレストランが「ありとあらゆる種類、国籍、肌の色の人のための場所」だったからだ。「集会用の大部屋もある。真の意味でみんなのための場所になった」


成功の秘訣

成功の秘訣は何か?この質問はよく聞かれるのだろう。暗唱する小学生のように、タッラリーニさんは質問に対してすぐに自分の職業倫理観についてよどみなく話し始めた。

「いつもそこにいて、いつでも応対できる。真心ともてなしの心。いつでも新鮮な食材を使い、料理の質と量を保証する。これらすべては当然のことだろう」。また、従業員だ。従業員については、「従業員を大事にし、給料をきちんと払うだけではなく、従業員を家族の一員のように愛している」


「そして、値段の問題だ。ここドルチェ・ヴィータでは10年間値上げをしていない」

タッラリーニさんの名実相伴う情熱と仕事への愛は間違いなく成功の最大の要因だろう。今日では、ドルチェ・ヴィータを除くすべてのレストランを手放した。しかし、ドルチェ・ヴィータでは、午前中はレストランの会計をすることが多く、午後はいつもレストランでトランプをして過ごす。タッラリーニさん曰く、友人らと「トランプをしながら議論をする」。

「店内を歩き回るときはいつでも、客に挨拶をし、満足のいくサービスを受けているか尋ねる。客が『ヴィー・イマー(いつものように)』と答えてくれることは、私にとってどんな報酬よりも価値がある。私が歩き続け、人生に満足できるのは、この答えがあるからだ」