ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

エルミタージュ美術館 窓からの眺め

「窓」というテーマは常に芸術家を魅了してきた。15世紀から現代にいたる西側諸国の図像学で、このモチーフが果たしてきた役目を「窓 - ルネッサンスから今日まで。デューラー、モネ、マグリット・・・」で探ってみよう。

ローザンヌのエルミタージュ美術館(Fondation de l'Hermitage)で開催中のこの展覧会では、スイスを含むヨーロッパの各美術館および価値ある個人コレクションから、150点を展示。500年間にわたる、窓をテーマとした芸術史の旅は、デューラー、モネ、ハンマースホイ、ムンク、モンドリアン、ヤウレンスキー、マチス、デュシャン、ヴァロットン、エルンスト、ボナール、クレー、ピカソ、バルテュス、ロスコなど、多彩な著名画家が随伴。絵画の他、彫模様、写真、ビデオなどが、この魅惑的な主題を一つの大きなパノラマに仕立て上げている。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。