ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

カラーで振り返る チェ・ゲバラを撮影したスイス人写真家ルネ・ブリ

「写真家になるなんて考えたこともなかった」。そう語るスイス人写真家ルネ・ブリさんは、数十年にもわたり精力的に写真を撮り続けている。傘寿を迎えた今年、未公表カラー写真を集めた作品集「Impossible Reminiscences(不可能な回顧)」を出版する。

チューリヒ応用芸術大学卒業後、ドキュメンタリー映画製作者として働きだす。あるスイス人写真家から有名なプロ写真家集団「マグナム・フォト」を紹介され、彼の人生は一変した。マグナム・フォト加入後、ブリさん初のルポが米グラフ雑誌「ライフ(Life)」に掲載された。

1950年代、スイスの月刊文芸誌に携わったブリさんはヨーロッパや南米を旅行。ピカソ、ジャコメッティ、ル・コルビジェなどの有名芸術家を撮影した。1963年には、たばこをくゆらすチェ・ゲバラを撮影。この写真は世界中で有名になった。