Navigation

クラッキング

聖ニコラスを呼ぶ

このコンテンツは 2011/12/20 11:23

11月と12月、北スイスの町レンツブルク(Lenzburg)では夕刻、老若が入り混じって家を出る。伝統行事のクラウスクレプフェ(Chlausklöpfe)で聖ニコラスを歓迎するためだ。古くは、邪悪な冬の精霊を追い払うための異教徒の儀式だったといわれている。今でもレンツブルクや中央スイスの一部で続く行事だ。

アールガウ州エグリスヴィル(Egliswil)で鞭を作っているロベルト・ヴェレンさん、ルツェルン州ブッティスホルツ(Buttisholz)、レンツブルク、アールガウ州メリケン(Möriken)のクラッキング・ファンの数人に会った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。