ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

クラッキング

聖ニコラスを呼ぶ

11月と12月、北スイスの町レンツブルク(Lenzburg)では夕刻、老若が入り混じって家を出る。伝統行事のクラウスクレプフェ(Chlausklöpfe)で聖ニコラスを歓迎するためだ。古くは、邪悪な冬の精霊を追い払うための異教徒の儀式だったといわれている。今でもレンツブルクや中央スイスの一部で続く行事だ。

アールガウ州エグリスヴィル(Egliswil)で鞭を作っているロベルト・ヴェレンさん、ルツェルン州ブッティスホルツ(Buttisholz)、レンツブルク、アールガウ州メリケン(Möriken)のクラッキング・ファンの数人に会った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。