ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

クロアチア 砲撃された世界遺産の町、ドゥブロヴニク

セルビア軍が地中海の美しい町ドゥブロヴニクを爆撃し始めた1991年の晩秋、欧米諸国はやっとバルカン半島で何が起こっているのかを理解した。2千発の砲弾がこのユネスコの世界遺産の町に落とされた。

1991年10月1日、ドゥブロヴニクでは電気、水道、電話線など、すべてのインフラが切断された。セルビア軍の軍艦がこの町へのアクセスをも遮断。最悪の戦闘が12月6日に始まった。600発の手りゅう弾が町に投げ込まれ、住民は逃げまどった。1992年の初め、セルビア軍もう一度激しい攻撃を行った。それはクロアチアの独立を阻止するためだった。(写真、トマス・ケルン)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。