ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ゲオルク・ゲルスターの空撮 空中写真で見る「我々の生活を成り立たせるもの」

「よく撮れた空中写真は、考えを膨らますきっかけとなる。空中写真は熟考するための道具だ。高所からはそのものだけでなく、それが何であり得るかが見える。チャンスの宝庫だ」(ゲオルク・ゲルスター)

スイス人のゲオルク・ゲルスターさん(1928~)は空中写真のパイオニアだ。最初の撮影は1963年にスーダンで行った。地球の美しさを伝えるだけでなく、人が生態環境に与える影響も記録する。展示「Wovon wir leben(我々の生活を成り立たせるもの)」は、3月15日から5月26日まで、ヴィンタートゥール(Winterthur)のスイス写真基金(Fotostiftung Schweiz)で開催。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。