Navigation

情熱を込めて作られるリュージュのオルゴール

スイスが世界に誇るものは、何も腕時計だけではない。オルゴールもそうだ。腕時計と同じようにオルゴールもまた、職人の正確な技と情熱に支えられ作り出される。ヴォー州のジュラ山脈にある小さな村サント・クロワで、老舗オルゴールメーカー「リュージュ」を訪ねた。

このコンテンツは 2015/12/05 11:00

オルゴールの仕組みを発明したのはジュネーブの時計職人で、19世紀初頭に初めてオルゴールが作られたのもジュネーブの街だった。オルゴールの仕組みは今でも変わらない。ムーブメントによって、細かい突起のついた金属製の円筒(シリンダー)、または金属板(ディスク)が回り、その突起が金属の「櫛歯(コーム)」をはじいてメロディーを生み出す。製造が始まるとすぐに、オルゴールは熱狂的に受け入れられ、オルゴール入りの腕時計やタバコ入れなども作られるようになった。

リュージュの創始者、シャルル・リュージュがサント・クロワの村にオルゴール工場を作ったのは1865年。それから150年間、何も変わっていないと言えばうそになるだろう。全ての部品は今でも手作業で作られるが、ムーブメントの装飾にはモダンなデザインが取り入れられるようにもなった。

(写真と録音・Thomas Kern)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?