Navigation

シュヴィーツァオルガン

シュヴィーツ産のアコーディオンがスイス人に愛されるわけ

このコンテンツは 2011/08/02 10:50

シュヴィーツァオルガン(Schwyzerörgerli)はスイス製アコーディオンの神髄。名前は、この小さなアコーディオンを最初に作った会社アイヒホルン(Eichhorn)の所在地、中央スイスのシュヴィーツ(Schwyz)に由来する。同社は今でも年間30台を制作している。年代物は収集家に人気だ(ジュリー・ハント、swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。