Navigation

シュヴィーツァオルガン

シュヴィーツ産のアコーディオンがスイス人に愛されるわけ

このコンテンツは 2011/08/02 10:50

シュヴィーツァオルガン(Schwyzerörgerli)はスイス製アコーディオンの神髄。名前は、この小さなアコーディオンを最初に作った会社アイヒホルン(Eichhorn)の所在地、中央スイスのシュヴィーツ(Schwyz)に由来する。同社は今でも年間30台を制作している。年代物は収集家に人気だ(ジュリー・ハント、swissinfo.ch)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?