ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの伝統行事 360度動画で見る「玉ねぎ市」

今冬もスイスの首都ベルンで「玉ねぎ市(Zibelemärit他のサイトへ)」が開催され、多くの人で賑わった。この伝統的なスイス農家のお祭りを動画であらゆる角度から見てみよう。

100台以上の長距離バスや列車で、スイス国内外から何千人もの来場者が集まった玉ねぎ市には、巧みに編まれて作られたあらゆる形と大きさをした玉ねぎのオーナメントが並べられた。主催者によると648店の屋台が並び、そのうち171店は玉ねぎの製品を販売した。

今年は昨年とほぼ同じ量の約57トンの玉ねぎが農家から運ばれた。ちなみにこれまでの最高は2014年の約60トン。市場では、芸術品や工芸品、ホットワイン、名物の「玉ねぎパイ」も販売された。子供たちはコンフェッティと呼ばれる色とりどりの紙吹雪を撒き散らし、通行人の頭をプラスチック製のおもちゃのハンマーで打っては盛り上がる。

玉ねぎ市は公式には午前6時から始まるが、朝の4時ごろから駆けつけるつわものが何千人もいる。子供も大人も楽しみにしているもう一つのハイライトは、午後に行われる紙吹雪合戦だ。

今年は初めてテロ対策として、市場の入口の道路にコンクリート製のボラード(車止め)が設置された。また、緊急事態が発生した場合にはすみやかに避難できるように、緊急用出口も用意された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。