チューリヒ州ヴィンタートゥール市の高層マンション(その1)

1960年、チューリヒ州ヴィンタートゥール市内初の高層マンションが建てられた。それから約50年後の2008年、2人の建築家が修改築プロジェクトを開始。優れた解決策を導き出し、さまざまな社会層、年齢層の人たちが色彩豊かに暮らせる居住空間を生み出した。

このコンテンツは 2019/09/22 08:30

スイスの「高層ビル」は、最上階が地上から22メートル以上、もしくは屋根が地上から25メートル以上の建物を指す。スイス北部のチューリヒ州ヴィンタートゥール市では、1960年、建築家のハンス・イズラー氏によって初めて高層マンションが建てられた。

2008年になり、高層マンションの修改築プロジェクトがスタート。既存の構造をどのように残し活用するかが最大の課題だった。担当建築家の1人であるスミさんは、すでにある構造をベースに、公園や緑を残しながら、居住空間を増やし、耐震性を強化したと話す。

次回の配信は2019年9月29日。

シリーズ「スイスの建築」:スイス公共放送協会が過去にスイスエンジニア・建築家協会(SIA)と共同で制作したシリーズ番組「Die Schweiz bauen(スイスの建築)」はスイス国内にある優れた13の建築物を紹介。建築家や関係者らのインタビューを交えながら、プロジェクト発足の経緯や建築の過程などを紹介する。1回につき約3~5分に分けた日本語字幕付きの全13話を、毎週日曜日にオンライン配信する。

End of insertion

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する