Navigation

大統領にボディガードはいらない!ここはスイス

このコンテンツは 2014/09/17 11:00

1人で電車を使い移動するブルカルテール・スイス大統領の写真がツイッターで話題になった。海外では驚きの声が広がっている。しかし、ボディガードをつけないスイスの政治家はブルカルテール氏が初めてではない。

スイスでは、閣僚が子どもだけをお供に、移動や買い物、映画やジョギングを楽しむ姿が普通に見られる。

首都ベルンが小さな街だからか、それとも控えめな国民性ゆえか、街を歩いたり自転車で通勤したりする閣僚は珍しくない。

しかし、近年は例外もあった。2007年に、右派国民党の政治家クリストフ・ブロッハー氏が「傘」で武装した9人の護衛を伴って国民党のイベントに出席。また元閣僚のミシュリン・カルミ・レ氏は2年前、突然ある男性からチョコレートケーキをぶつけられた。しかし、カルミ・レ氏はこの事件後も護衛はつけなかった。

スイス政府のセキュリティーは近年少し厳しいものになっているが、政治家がお忍びで出かけるような外国とは比較にならない 。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。