ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス人目撃者 「妻が死んだことがすぐに分かった」被害者が語るルクソール襲撃事件

シュテファン・コップさんは、1997年11月17日にエジプトのルクソールで起きた無差別テロ事件でかろうじて生き残ったが、妻は死亡した。警備員になりすましたテロリストは、観光客62人を殺害。そのうち36人はスイス人だった。事件から20年が経過した今、コップさんが当時のつらい思い出を語ってくれた。(RTS, swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。