ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

デモクラシー研究室 投票傾向、国内外のスイス人の間で関心の違い―なぜ?

在外スイス人が選挙や国民投票に投票する際、国内に住む人と支持する政策などが異なるという面白い現象がある。なぜなのだろうか。そしてどのように違うのか。専門家のトーマス・ミリク氏が詳しく掘り下げる。

ミリク氏は、在外スイス人の投票行動を調査してきた。同氏はチューリヒにあるスイス政治の研究機関「Sotomo他のサイトへ」に所属する研究者で、投票、議会研究、政治心理学が専門。民主主義の研究機関「アーラウ民主主義センター他のサイトへ」の一員でもある。

スイスインフォの新シリーズ「デモクラシー研究室」では、専門家が民主主義に関するあらゆる疑問に答える。

(英語からの翻訳・宇田薫)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。