Navigation

バーゼル・タトゥーと愛町マーチングバンド

夏の夜の夢

このコンテンツは 2011/07/26 12:41

軍楽の祭典バーゼル・タトゥー(Basel Tattoo)。6回目を迎えた2011年、日本からも初めてバンドが参加した。天理教愛町分教会吹奏楽団の演目は新撰組を­テーマにした壮大なストーリー。スイスでも大きく注目された。ディレクターの関根清和氏は「音楽ではとにかく人と合わせることが第一。だが、これは社会の中でも同じ。合わせられる人の育成が目的」と語る(swissinfo、小山千早、編集協力 ダニエル・ヴィーラー)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。