ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

パブロ・ピカソ大回顧展

ピカソの初の美術館展覧会は1932年にチューリヒで開催された。

このとき紹介された絵画はピカソが自ら選択した。そのおよそ3分の1は彼自身が所有していたものだ。
2010年、大回顧展の70点が「チューリヒ美術館 ( Kunsthaus ) 」に戻ってきた。この展覧会とともに、チューリヒ美術館は開館100周年を祝う。