ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ヒルデガード・ローゼンタール ブラジルのパイオニア的写真家

ヒルデガード・ローゼンタールはブラジルの写真ジャーナリズムにおけるパイオニアだ。1913年、チューリヒに生まれる。欧州でのナチズムの台頭をきっかけに、1937年ブラジルに移住。その後はブラジルを拠点に国内外のメディアで働いた。1990年ブラジルに没す。

今回の写真は1940年代のサンパウロの日常を映し出したもの。サンパウロの展覧会で展示された。(写真:ヒルデガード・ローゼンタール、Instituto Moreira Salles)