ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ポートレート 旅する写真家

スイス人写真家レト・カメニシュさんは30年以上にもわたり、持ち運びが少し面倒なプレートカメラでポートレート写真を撮影してきた。写真を撮る前に時間を多く割いてモデルと会話し、ほんの数枚だけを撮影した。

1958年にベルン州トゥーン(Thun)に生まれたカメニシュさんは、1970年の終わり頃から雑誌や広告向けの写真を撮影。趣味で白黒のポートレー写真を撮った。精力的にいろいろな所へ出かけ、人のいない風景やポートレート写真を撮った。代表作品には、米国ミシシッピデルタでのブルースを記録した「ブルースランド(Bluesland)」(1997年)、北インドやネパール、チベットを歩いた「山・巡礼・場所(Berge Pilger Orte)」(2011年)などがある。

現在、ベルンのコルンハウスフォーラム(Kornhausforum)で12月2日まで「レト・カメニシュ-30年のポートレート」展が開催されている。