Navigation

難民申請者を対象に「マナーの講習」

今年もまたファスナハト(カーニバル)の季節を迎えたルツェルン。今日で最終日を迎える。ルツェルン当局は、昨年の大みそかにドイツ・ケルンで起きた集団性的暴行事件で、容疑者の多くが難民申請者だったことが判明したことを受け、地元の難民申請者を対象に、西洋におけるマナーやルールを教える講習を提供した。 (SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2016/02/09 11:00

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。