Navigation

高齢者とアルコール依存症

アルコール依存症は、あらゆる年齢層で増加している。しかし、特に高齢者において問題となっている。高齢者はアルコールを薬と併用することも多いからだ。 (SRF, swissinfo.ch)

このコンテンツは 2016/01/07 11:00

スイスでは、平均的なスイス人のアルコール消費量は減る傾向にあるものの、高リスクの飲酒は増えている。連邦財務省アルコール局によれば、スイス人1人当たりの年間アルコール消費量を純アルコールに換算した場合、2013年の平均8.3リットルから14年の8.1リットルに減少しているという。

だが一方で、連邦内務省保健局は15年末、高リスクのアルコール摂取が最高レベルに達しており、特に65~74歳の高齢者の8.1%は「中リスク群」に入ると報告した。「中リスク群」とは、世界保健機関(WHO)の定義では、1日に純アルコールを男性で40~60グラム、女性で20~40グラム摂取する人だ。

保健局の調査ではさらに、慢性摂取や多量飲酒などの高リスクを伴うアルコール摂取に関しては、全ての年齢層で決定的に問題が悪化していることが明らかになっている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。