ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

光と音の芸術 連邦議事堂 美しい光につつまれて

スイスの首都ベルンにある連邦議事堂で、光と音のショー「ランデブー・ブンデスプラッツ」が今年も10月26日から12月27日までの2カ月間開催されている。連邦議事堂が巨大スクリーンに変貌(へんぼう)。そこに映し出される圧倒的な光の芸術が、多くの人を魅了する。

開催時間は夜の19時と20時30分。連邦議事堂の周りに柵はなく、一般市民でも連邦議事堂前の広場で自由にショーを楽しむことができる。

昨年の大成功を受けて今年も開催されたこのイベント。今年は50万人の観客が予想されている。

12月2日からはテーマが変わり、クリスマスにちなんだ光の芸術が連邦議事堂を美しく染める(写真:邵大海、スイスインフォ)