ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

包装 お弁当は現代的センスあふれる「伝統」

世界で、日本ほどパッケージにこだわる国はない。駅で売っているような普通のお弁当にしても、まるで高級和菓子屋のパッケージのように凝っている。スイスの写真家、アンドレアス・ザイバーさんが、お弁当の「内と外」を撮影した。

約700年前から、日本のお弁当はご飯とおかずが詰まった完璧なメニュー。ご飯とおかず類は仕切られ、色や形のバランスが大切な役割を演じる。

今日、日本では1日に何百万個ものお弁当が売られている。ほとんどが駅で売られる駅弁。容器はプラスチックがほとんどだが、高級なお弁当には今でも漆器が使われる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。