ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

厳しい眼 盗まれた幼少期

展覧会「盗まれた幼少期 ‐ 丁稚奉公の子供たちが語りかける(Enfances volées – Verdingkinder reden)」で展示されているのは、パウル・ゼンさん(1901~1953)撮影の写真。写真で語りかける新たな手法を開発し、世界中の農家や手工業者の日常を記録した人だ。

写真は大手新聞紙上で公開された。1944年、ドイツ語圏の日刊紙ナツィオン(Die Nation、1933~1952)に掲載された少年養護施設「ゾンネンベルク(Sonnenberg)」に関するルポが大反響を呼ぶ。その後、院長は暴行罪で有罪判決を言い渡された(Paul Senn, FFV, Kunstmuseum Bern, Dep. GKS. © GKS)