ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

古代遺跡を探る ペトラ 砂漠の奇跡

バーゼル古代博物館では現在、ヨルダンの遺跡ペトラ(Petra)での最新調査で見つかった発掘品のうち、約150点の原物が展示されている。かつての遊牧民族ナバテア人がどのように砂漠の真っただ中に巨大都市を築き、水を引いたのかを知ることができる。

1812年8月22日、バーゼル出身のルートヴィヒ・ブルクハルト(別名シャイフ・イブラヒム)は中東の旅で衝撃的な発見をした。初のヨーロッパ人として、ミステリアスな古代都市ペトラを見つけたのだ。当時のヨーロッパでは、ペトラの位置はとうに忘れ去られていた。現在、ヨルダンに位置するこの遺跡はユネスコ世界遺産に登録されており、年間数千人の観光客が訪れる人気観光スポットになっている。