ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

安寧秩序のために ジュネーブ警察とパトロール

在ジュネーブの写真家ディディエ・リュフさんは50日間、パキ(Pâquis)駐在所を毎日訪ねた。24時間勤務体制を取っているこの駐在所は、夜になると大勢の人々が引き寄せられて来る界隈にある。

リュフさんは昼となく夜となくパトロールに出る警官に随行。制限を受けることなくさまざまなシーンを写真に収めた。

警官は日々、多様な状況に出くわす。そこでは常に新しい対応をしていかなければならない。ジュネーブは多文化であり、繊細な感覚も求められる。これらの写真を眺めると、「思わぬ出来事」と「いつもの仕事」が詰まった世界に引き込まれていく。それは魅惑的であり、暗く、悲しく、また時には危険で暴力的でもある。

(文と全写真 ©2012  Didier Ruef)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。