ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

小さな世界 ちょっと変わったスイスのミニチュア

スイス人写真家フィリップ・ジードラーさんは、少し変わったスイスの旅に案内する。写真に特殊効果を施せば、なじみの風景や町、人がキッチュに見える。自分が目にする風景は果たして現実、それともジオラマなのだろうか?

人間の目と脳をだますのは簡単だ。画像加工ソフトにあるチルトシフト効果を使うと、普通の写真がミニチュア写真のようにデジタル加工することができる。ジードラーさんの写真集「Swiss Miniatur(スイスのミニチュア)」には、ミニチュア写真の作り方が載っている。

最初に典型的なスイスのモチーフを探す。少し視点を高くし、写真の前と後ろの部分をチルトシフト効果を使ってぼかす。次に、色飽和を起こし、写真のコントラストを強める。これで、スイスのミニチュア写真の出来上がり!(写真:Helvetiq/Philipp Sidler, Roland Zumbühl, Hadi Barkat)