ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

戦闘機 空の王者たち

スイス空軍の始まりは100年前にさかのぼる。それは夢と国家的トラウマの間を揺れ動く歴史だ。

現在、スウェーデンのサーブ(Saab)社製のグリペン戦闘機購入をめぐって議論が沸騰しており、スイスの政治はこの歴史に新しい1章を加えようとしているところだ。すべての始まりは第1次世界大戦前の募金だった。1930年代のスイス空軍は、主にフランスとドイツの航空機から成っていた。冷戦中にはジェット機を自国で製造したが、大量生産には至らなかった。今日の空軍はアメリカ製「F-5タイガー」「F/A-18ホーネット」、ヘリコプター、訓練機、輸送機、無人偵察機を所有している(全写真:特に記載がなければKeystone)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。