ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

時計修理工房 時計に新たな命を吹き込む

ベルン旧市街に時計工房を構えるエディ・リューティさんは、時計の修理だけで生計を立てている。時計バンドや懐中時計、目覚まし時計、ムーブメントなど、時計に関するあらゆるものを取り扱う。修理がメインなので、工房にショーウインドーは必要ない。

市場が開かれる火曜の朝、時計工房にはたくさんの客がやって来る。複雑な時計内部を修理するには、あまりいい日とは言えない。この作業には集中力と落ち着いた手つきが不可欠だからだ。そのため、リューティさんはこの日、作業が比較的簡単なバッテリー交換を多く行う。

30歳以下の若い客が来店することはあまりない。主な客は、腕時計を数十年間愛用し、時計を修理に出すことをいとわない人たちだ。(写真:トマス・ケルン、swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。