Navigation

影絵人形がアッペンツェルの歴史を語る

アッペンツェルは今年、スイス連邦加盟500周年を迎えた。チューリヒ市にあるアッペンツェルハウスでは、中国のアーティストたちがこの記念すべき年を影絵人形劇の上演で祝う。

このコンテンツは 2013/12/05 11:01

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。