ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

楽しいスキーの裏側 美しい山にウィンタースポーツ開発の手

スイスアルペン博物館では現在、チロル地方出身の写真家ルイ・ヘッヒェンブライクナーさんの作品を展示。写真や映像、置物などを通し、チロルのスキー場の舞台裏が表現されている。一体、アルプスの山々はどれだけ多くの観光開発に耐えることができるのだろうか?

ヘッヒェンブライクナーさんの写真は容赦がない。シーズン開始を祝うイベント後に放置されたビール瓶。人工降雪機の水源となるため池を作る目的で、岩に大きく開けられた穴。森林地帯に作られた、2車線の高速道路ほどの幅があるコース。写真が伝えるのは、スキー場の舞台裏だ。ヘッヒェンブライクナーさんは通常スキー客が見ることのできない、または見ようとはしないものに焦点を合わす。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。