ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

知られざるメアリー・スチュアートの人生

スイス人映画監督がメアリー・スチュアートの人生を映画化

メアリー・スチュアート(1542-1587)はわずか生後6日でスコットランド女王となり、さらに16歳でフランス王妃に君臨する。いとこのイングランド女王エリザベス1世に反逆罪で訴えられ、44歳で処刑される。そんなメアリー・スチュアートの波乱万丈の人生をスイス人映画監督トーマス・イムバッハ氏が映画化。原題は「Mary's Ride」(SF/swissinfo.ch)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。