Navigation

知られざるメアリー・スチュアートの人生

スイス人映画監督がメアリー・スチュアートの人生を映画化

このコンテンツは 2011/12/27 10:00

メアリー・スチュアート(1542-1587)はわずか生後6日でスコットランド女王となり、さらに16歳でフランス王妃に君臨する。いとこのイングランド女王エリザベス1世に反逆罪で訴えられ、44歳で処刑される。そんなメアリー・スチュアートの波乱万丈の人生をスイス人映画監督トーマス・イムバッハ氏が映画化。原題は「Mary's Ride」(SF/swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。