スイスで金融専門職からフィットネストレーナーに転職

スイスへの国境を越えた移住をきっかけに、職業を変える人は多い。「持っている資格がスイスで認められなかった」、「移住を転機に新しい分野に挑戦したかった」など理由はさまざまだ。ヘザー・ディーンさんは前職で金融システムアナリストだったが、現在は日常活動に必要な筋肉を鍛えるCrossFit(クロスフィット)のパーソナル・トレーナーとして働いている。

このコンテンツは 2018/08/23 06:30


ディーンさんは、北アイルランド出身。ロンドンやジュネーブの様々な金融機関で働いていたが、ストレスの多い生活は、落ち着いた暮らしや妊活の妨げになっていたという。

第二子が生まれた後、脊柱(せきちゅう)側わん症を悪化させたディーンさんはリハビリを開始。やがてそれが、クロスフィットのパーソナルインストラクター職の道へと続いていく。

現在、2つのジムと自宅地下のスペースでクロスフィットの一種であるStrongFit(ストロングフィット)をメインに教えている。高強度インターバルトレーニングを取り入れたプログラムで心肺機能を高め、身体能力の向上が期待できる。

ディーンさんは、夫と2人の子供と共にヌーシャテル州で暮らしている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する