湖でアイスはいかが?

スイス・グラールス州に住むアンドレ・ファン・シュプルンデルさんは人材会社やゲストハウスのほかに、趣味を兼ねたサイドビジネスを営んでいる。小さな手漕ぎボートで湖を岸から岸へ渡り、水遊びを楽しむ人々にアイスを売るのはスイス中で彼しかいないだろう。

このコンテンツは 2019/06/22 09:00
Sasi Subramaniam

オランダ人の血を受け継ぐファン・シュプルンデルさんは、グラールス州の谷・クレーンタールで宿屋の息子として生まれた。商業学校に通ったあとITの世界に引き込まれ、その分野で職業訓練を受けた。おかげで両親の経営するゲストハウスは、自前のホームページを持つレストランとして先行組となった。

2000年にはIT関連の人材紹介会社を立ち上げた。さらに2014年には、あまり予期していなかったことに親のゲストハウスを受け継ぐことになった。それでも長年の趣味を手放さなかった。幼い娘とともに小舟「アイス・ドリーム・エクスプレス」に乗り、湖畔で水遊びを楽しむ人々にアイスを売るのだ。

郷土愛

クレーンタールはファン・シュプルンデルさんの人生から切り離せない土地だ。「険しい山々、狭い谷、光り輝く湖は私に安らぎを与えてくれる」と目を細める。「少なくとも週に1回はここへ来るし、それが無理ならウェブカメラで谷を眺める」

郷土愛に満ちた仕事に心血を注いできた。グラールス州に関する本を書き、歴史や地理、ハイキング情報を盛り込んだウェブサイトを立ち上げた。「観光客だけでなく地元の人々にも、この土地の素晴らしい魅力を知ってほしい」

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する