Navigation

「ニーデル・パーク」を振り返る

チューリヒのドラッグシーンの20年後

このコンテンツは 2012/02/15 12:18

チューリヒの公園プラッツシュピッツ(Platzspitz)は、「ニーデル・パーク(Needle Park)と呼ばれた世界でも有数の麻薬の消費現場だった。ヨーロッパ各地から麻薬を求めて人々が集まったのは今から20年前のことだ。この公園が閉じられた後、スイスには麻薬常習者を保護するための新しい麻薬政策が導入された。アンドレ・ザイデンベルク氏はそのパイオニアだ。その彼が、スイス国営テレビとともにニーデル・パークに戻った。当時、そのまっただ中にいたヘロイン中毒患者とともに(SF/swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。