Navigation

「ニーデル・パーク」を振り返る

チューリヒのドラッグシーンの20年後

このコンテンツは 2012/02/15 12:18

チューリヒの公園プラッツシュピッツ(Platzspitz)は、「ニーデル・パーク(Needle Park)と呼ばれた世界でも有数の麻薬の消費現場だった。ヨーロッパ各地から麻薬を求めて人々が集まったのは今から20年前のことだ。この公園が閉じられた後、スイスには麻薬常習者を保護するための新しい麻薬政策が導入された。アンドレ・ザイデンベルク氏はそのパイオニアだ。その彼が、スイス国営テレビとともにニーデル・パークに戻った。当時、そのまっただ中にいたヘロイン中毒患者とともに(SF/swissinfo.ch)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?