ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「ニーデル・パーク」を振り返る

チューリヒのドラッグシーンの20年後

チューリヒの公園プラッツシュピッツ(Platzspitz)は、「ニーデル・パーク(Needle Park)と呼ばれた世界でも有数の麻薬の消費現場だった。ヨーロッパ各地から麻薬を求めて人々が集まったのは今から20年前のことだ。この公園が閉じられた後、スイスには麻薬常習者を保護するための新しい麻薬政策が導入された。アンドレ・ザイデンベルク氏はそのパイオニアだ。その彼が、スイス国営テレビとともにニーデル・パークに戻った。当時、そのまっただ中にいたヘロイン中毒患者とともに(SF/swissinfo.ch)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。