Navigation

「科学は孤立してはならない」

このコンテンツは 2021/10/19 17:10

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の教授であり、トランスナショナル紅海研究センター(TRSC)所長を務めるアンダース・マイボーム氏に、気候変動に特に強い紅海のサンゴの研究・保護プロジェクトのポイントを尋ねた。

本文はこちら



現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?