ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

#swisshistorypics 戦中戦後のサーカス・クニー

スイス最大のサーカス団クニーがベルンで初公演を披露したのは100年前の6月14日。それはサーカス王国の始まりを告げる一幕だった。

19世紀初め。若い医学生フリードリヒ・クニーは、オーストリアのインスブルックで芸術家のヴィルマに出会い、恋に落ちた。芸術家の生活に魅了され、クニーは研究を中断して芸術家一行とともにオーストリア中を巡った。

恋愛は短命に終わったが、フリードリヒは1806年にアクロバット集団を結成。高く評価され名声を得て、スイスにも登場するようになった。そしてクニー一族の一部がスイスに定住しはじめ、スイス国籍も獲得した。

野外アリーナからテントまで

その100年後。創始者のひ孫にあたるフリードリヒ、ルドルフ、カール、オイゲン・クニーの4兄弟が2本柱テントをローンで入手し、一族の長年の夢だった屋内公演をついに実現させた。

1919年6月14日にテントで行われた初公演と情事に「スイス・ナショナルサーカス・クニー」社が誕生した。タイミングよくサーカスは好評を博した。同じ年、4兄弟はチューリヒ湖畔ラッパースヴィルに常設の冬季用宿舎を建てることができた。

長く激しい戦争後、クニー一家はナチ党員の間で嫌われ者となった。1983年にゲスト出演したドイツで、ハーケンクロイツ(鉤十字)の紋章を旗から消したためだ。だがサーカスには再び人気が集まり、戦争に参画しなかったスイスで働こうと、世界中から曲芸師が集まった。

今日のサーカス王国を司るのはクニー一家の7代目だ。サーカス・クニーのツアーには320人が従事し80匹の動物が同行する。

戦時・戦後のクニーを振り返るこれらの写真からは、人々はまばゆいばかりの豪華なサーカスに、異国の世界を垣間見ていたことが分かる。

(写真は全てPhotopress-Archiv/Keystone)

#swisshistorypics他のサイトへシリーズでは、スイスの芸術・文化・スポーツにまつわる歴史的な出来事を写真で振り返ります。

インフォボックス終わり

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。