Navigation

2000キロワットの電池

ヴァレー州のナント・ド・ドランスに新設された揚水・タービン発電所によって蓄えられる電力量は、電気自動車のバッテリー40万台以上に相当する。アラン・ソーティエ所長は、この巨大水力発電がスイスやヨーロッパの電力供給と電力系統の安定に役立つと説明する。

このコンテンツは 2021/09/02 08:00

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?