ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

NGO、携帯電話中継アンテナからの電磁波放出レベル減少を要求

来週の次世代携帯電話ユニバーサル・モバイル・テレコミュニケーション・システム(UMTS)の周波数割り当て競争入札を前に、環境保護団体は携帯電話中継用のアンテナから放出される電磁波の電子スモッグの許容レベルを大幅に減らすよう要請した。

来週の次世代携帯電話ユニバーサル・モバイル・テレコミュニケーション・システム(UMTS)の周波数割り当て競争入札を前に、環境保護団体は携帯電話中継用のアンテナから放出される電磁波の電子スモッグの許容レベルを大幅に減らすよう要請した。

スイス・エネルギー財団、環境のための医師団、プロ・ナチュラ、スイス・地方の保護と計画のための財団、スイス・ナショナル・ヘリテージ・リーグの代表は、6日ベルンで記者会見を行い、携帯電話のアンテナから放出される放射能、電子スモッグのレベルを現行の6V/mから10分の1に減らすべきだと訴えた。団体連合は、13日に予定されているUMTSの周波数割り当て競争入札を前に、迅速な行動を要請している。

スイス・エネルギー財団のアルミン・ブラウンヴァルダー氏は、UMTSのためにはスイスはさらに4、000から12、000本のアンテナを必要としており、人体の健康と地方の環境保護上への悪影響の懸念があるという。「我々の要請は、モバイル・テレコミュニケーションを妨害しようというものではなく、電子スモッグを減少させようというものだ。」

環境保護団体のもう1つの要求は、UMTS入札の1%を電磁波の人体への影響の研究費と、環境、森林、ランドスケープ管理の連邦機関の職員の費用を充実させために当てるようにというものだ。環境のための医師団総裁、ベルンハルド・アウフデレッゲン医学博士は、電磁波過敏症は現実の問題だという。「研究結果が確立するまでは、人々の恐怖感や電磁波過敏症の訴えには、真剣に対処するべきだ。」

同じ様な強いアンテナ反対運動のあったオーストリアのザルツブルグでは、放射能量を0.6V/mに減らした。ザルツブルグ当局のアドバイザーを務めるゲルド・オベルフェルド医学博士は、高周波の電磁派フィールドは人体に悪い影響を与えるのは、明白になってきているという。オベルフェルド博士は、中継ステーション、コードレスフォン、その他の電磁波源の人体への影響の早急な組織的な研究を要求している。「第1、第2世代の携帯電話の健康への影響が明らかになっていないのに、次世代携帯電話の導入に社会はどのように反応すればいいのだろうか?」

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×