スイス下院、同性婚合法化を可決

同性婚の合法化にまた一歩近づいた © Keystone / Gaetan Bally

スイス国民議会(下院)は11日、同性婚を合法化する法改正案を可決した。議論の分かれていたレズビアンカップルへの精子提供についても賛成多数で可決した。審議は全州議会(上院)に移る。

SRF/ku

同成婚の合法化は賛成132票、反対53票、棄権13票だった。レズビアンのカップルへの精子提供については、賛成124票、反対72票、棄権1票だった。

審議は全州議会(上院)に移る。

法改正案に反対したのは保守系右派の国民党(SVP/UDC)と、中道右派のキリスト教民主党(CVP/PDC)の一部議員ら。これらの党は婚姻法の改正自体に反対している。

ただ、最終判断は有権者にゆだねられることになりそうだ。保守政党のスイス連邦民主同盟は法改正に反対するレファレンダムを提起した。

多くの欧州諸国では同性婚が認められている。スイスでは同性婚は禁止されているが、パートナーシップ制度への登録はできる。ただ権利・義務は制限され、例えば連れ子以外の養子縁組などは認められていない。

レズビアンカップルへの精子提供

レズビアンのカップルへの精子提供に関し、議会の諮問法務委員会は反対を勧告。連邦内閣も反対を表明していた。しかし社会民主党、緑の党、自由緑の党、急進民主党などが支持した。

カリン・ケラー・ズッター司法相は同性婚の合法化を「現行の不平等を是正する」として歓迎。ただ、レズビアンカップルへの精子提供については、精子提供者の父親の権利など、法的問題の多くが未解決だとして否定的な見方を示した。

男性同士のカップルに対する卵子提供の解禁に関しては、それよりもさらにハードルが高い。今回は法案通過を優先させるため、議論の対象から外れた。


共有する