Navigation

SGS黒字回復

1998年の衝撃的な赤字の後、世界最大の調査・監査グループ、ソシエテ・ジェネラル・ド・サーベイランス(SGS)の利益が黒字回復となった。

このコンテンツは 2000/03/28 15:51

1998年の衝撃的な赤字の後、世界最大の調査・監査グループ、ソシエテ・ジェネラル・ド・サーベイランス(SGS)の利益が黒字回復となった。

1999年の純利益は3億1千650万スイスフラン(含事業処理2億290万スイスフラン)と1998年の2億8千970万スイスフランの損失から大躍進した。

SGSにとって1999年は事業再構築と経費削減に専念した年となったが、2000年以降も事業成長の可能性のある分野、すなわち電子商取り引きや製品・サービス検定等の分野に集中した投資を行っていく方針を固めている。

ジュネーブに本拠地を置くSGSは、途上国の調査・税関監査等を広く請け負っており、インドネシアの税関を10年以上依託されていた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。