野生動物の保護 森でも犬には必ずリードをつけて!

スイスの大部分の州で4月1日から7月31日まで、森やその周辺で犬の散歩をする際にリード(手綱)の装着が義務付けられる。野放しにされた犬から、若い野生動物を保護することが目的。

スイスの大部分の州で4月1日から7月31日まで、森やその周辺で犬の散歩をする際にリード(手綱)の装着が義務付けられる。野放しにされた犬から、若い野生動物を保護することが目的。

(akg-images)

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。




swissinfo.ch

×