Navigation

スイス製

主要カテゴリ

おすすめの記事

中国製マスク スイス業者の高額販売で波紋

このコンテンツは 2021/06/12 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が本格化したころ、ドイツの複数の省庁が、スイスの若い起業家らから法外な価格で個人用防護具を購入していた。購入総額は6億8400万ユーロ(約910億円)に上る。なぜこうした取引が行われ、ドイツでは誰が利益にあずかったのか。コロナ禍での対応を巡り、数々...

おすすめの記事

新興EVメーカー、スイス拠点のメリットとは

このコンテンツは 2021/05/27 スイスの電気自動車(EV)メーカー、ピエヒ・オートモーティブの共同設立者アントン・ピエヒ氏がswissinfo.chのインタビューに答え、同社の拠点をチューリヒに置いた理由や、「テクノロジー志向の正統派」をターゲットに競争の激しいEV市場に切り込む戦略について語った。

おすすめの記事

カナダ人化学者、スイスで廃プラスチックのリサイクル新技術開発

このコンテンツは 2021/04/21 プラスチックごみをリサイクルするための新たな技術革新が勢いを増している。メーカーの貢献と消費者意識の高まりが追い風となり、スイスでは十数社の新興企業がこの分野に投資。カナダ人研究者サマンサ・アンダーソン氏がヴァレー(ヴァリス)州で立ち上げた企業もその1つだ。

おすすめの記事

開発から20年 スイス発の雪上ボディーボード、バックカントリーと国外に活路か

このコンテンツは 2021/02/28 スイス発祥の「エアボード」は20年前、新たなウインタースポーツ用品として輝かしいスタートを切った。だがじわりと浸透を続ける日本とは対照的に、スイスでは今や下火の存在に。それでも開発者は、商機はあると強気だ。

おすすめの記事

ソーラー・インパルス、第二の人生は軍事関連プロジェクトへ

このコンテンツは 2021/01/04 クリーンな次世代航空機として世界に発表された電動飛行機、ソーラー・インパルスが昨年、あるスタートアップ企業に売却された。その技術は特に、軍事分野で使われる偵察用ドローンの開発に利用されるという。スイス公共放送(RTS)の調査で明らかになった。

おすすめの記事

記者が一日時計職人 オリジナル腕時計作りに挑戦

このコンテンツは 2020/08/26 腕時計を自分の手で組み立て、1日の終わりには自分だけの時計を持って帰る。このような体験講座を、スイス西部ジュラ州の新興企業イニシウムは、スイス国内外の時計愛好家に提案する。同社のコンセプトに惹きつけられ、多くのライバル企業が現れた。swissinfo.chの記者がイニシウムで腕時計作りに挑戦した。

おすすめの記事

スイスの時計産業の最新動向

このコンテンツは 2020/07/30 新型コロナウイルス危機で大きな影響を受けたスイスの時計産業。だが、この業界がスイスの技術力や「スイス製」精密工業製品のシンボルであることに変わりはない。スイス製腕時計は高級腕時計の分野で支配的地位を守れるのか。アップルのような企業に対抗できるのか。世界の隅々まで製品を輸出するスイスの時計産業に...

おすすめの記事

COVID-19はバイオテクノロジーへの脅威とチャンス

このコンテンツは 2020/05/07 新型コロナウイルスのパンデミックは、スイスのバイオテクノロジー業界がスポットライトを浴びる絶好のチャンスだ。その一方で、多くの中小企業は生き残りに苦戦している。業界が抱える問題、治療薬とワクチン開発への取り組みについて、スイスバイオテク協会のトップに話を聞いた。

おすすめの記事

スイスの高い物価、どうしたら引き下げられる?

このコンテンツは 2020/04/10 依然として「高物価の島」のスイスでは、より物価の安い隣国へ国境を越えて買い物に行く「ショッピングツーリズム」をする倹約家が跡を絶たない。非常に高い物価やショッピングツーリズムの悪影響を懸念する政治家や消費者団体が政府に対策を要求している。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。