主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

武器とスポーツ 厳しい審査、でも増える会員数 スイス人は「射撃に夢中」

「スイスは射撃が盛んな国」と言うと少しおおげさかもしれない。しかしスポーツ射撃に関しては、地方に限らずスイス全国で根強い人気がある。19日に国民投票にかけられるスイスの銃規制法の厳格化を目前に、ジュネーブにある二つの射撃クラブを訪れた。

武器文化 射撃の国、スイス

スイスでは現在、多くの射撃愛好家が、新しい銃規制による趣味存続の危機を感じている。スイスで射撃は最も人気のあるスポーツの一つだ。射撃の始まりは中世後期にさかのぼるが、特に19世紀に入ってから、スイス人のアイデンティティ形成で重要なポジションを占めるようになった。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

フェデラーが広告塔 無印良品がスイス上陸、ユニクロは来るのか?

スイス・チューリヒ郊外に5日、無印良品のポップアップストアがオープンした。日本の小売大手の参入は以前から国内各紙で報じられ注目を集めたが、気になるのは、同じく日本ブランドで男子プロテニスのロジャー・フェデラーを広告塔に持つユニクロがスイスに来るかどうかだ。

最近の若者は… 失格者を減らせ! スイス軍がトレーニングアプリを開発

スイス軍にとって兵士の肉体作りはケガを減らし失格・脱落をなくすための重要課題だ。そこでスイス軍は兵役に就く前に体を鍛えるためのスマートフォン用アプリを開発した。

プロが教えるクライミング入門② スイスでクライミング―ボルトって何?

スポーツクライミングって何?自らの指先で岩に取り付きたどり着いた、スイスで最も美しい場所とは―?プロのスポーツクライマー、ピルミン・ベルトルさんが教えるクライミング入門講座の第2回のテーマは「ボルトって何?」だ。

クレスタ・ラン 時速130キロメートルのウィンタースポーツに女性も挑戦

(Julie Hunt/swissinfo.ch、一部素材提供・Riccardo Spalacci)  ​​​​​​​

時速130キロメートルのウィンタースポーツ スケルトン発祥の地、危険な「クレスタ・ラン」 女性にも門戸を開く

スイスのサン・モリッツにある伝説的なスケルトンコース「クレスタ・ラン」。その危険度の高さから男性専用とされてきたが、この冬、90年ぶりに女性に門戸を開いた。

山の事故 ゲレンデで雪崩 スイス南西部クラン・モンタナでスキー客直撃 死者も

スイスの山岳リゾート地クラン・モンタナのスキー場で19日、スキー客数人が雪崩に巻き込まれた。救出された負傷者4人の他にも生き埋めになっている人がいる可能性が懸念され、捜索活動が行われていた。地元警察は20日、捜索活動の中断を発表した。

このコンテンツは2019/02/20 10:45に配信されました

第47回ローザンヌ国際バレエコンクール ローザンヌ国際バレエコンクール スイスのバレエダンサー発掘と育成に尽力

3日、2019年ローザンヌ国際バレエコンクールが始まった。19カ国から集まった74人のダンサーが参加している。日本人は12人が出場(14人がビデオ審査を通過したが2人は辞退)。今年も日本、韓国、中国などアジア勢の参加が目立つ。 ...

スイス名物 「ゴミ」から生まれたスイスの国民飲料・リヴェラ

スイスの国民飲料、リヴェラ。発明したのは法律家、原材料は「ゴミ製品」という珍品だった。

スイスはスキー国? スイス人のスキー離れに歯止めを

スイスはスキーヤーの国だと考えられてきたが、実のところ雪に興味がない人も一部存在する。そういった人々の多くは、冬休みを山のゲレンデよりビーチで過ごすことを好むようだ。

スキーの季節 ゲレンデ整備チームの長い夜

スイス東部・グラールスにあるエルムスキー場。スキーやソリコース、散歩道を整備するため、ヴェルナー・フライタークさんたちは夜な夜なゲレンデの雪を踏みしめる。

ウィンタースポーツ好調 年末年始スキー客でにぎわう山岳リゾート

好天気と良い雪の状態に恵まれ、クリスマスと新年にかけ多数のスキー客が山岳リゾート地を訪れた。

このコンテンツは2019/01/04 10:41に配信されました

海外から見たスイス 海外メディア、2018年はトランプ氏のダボス会議出席やサッカー選手の「双頭の鷲」ジェスチャーに注目

​​​​​​​ トランプ米大統領のダボス会議出席、テニスのスター選手ロジャー・フェデラー、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会でスイス代表選手が見せた「双頭の鷲」ジェスチャー。今年、海外メディアやソーシャルメディアで特に注目されたスイスのトピックだ。

このコンテンツは2018/12/28 10:00に配信されました

1年を彩った統計 数字で振り返る2018年

スイスインフォが配信したほとんどすべての記事に、パーセンテージや年齢、金額など何らかの数字が含まれている。2018年に掲載された統計の中から、特に興味深い数字を振り返ってみよう。

写真で振り返る アツかった2018年のスイス

2018年が終わろうとしている。スイスでは今年、白熱した国民投票や、猛暑などがメディアを賑わせた。アツかったこの1年を印象的な写真と共に振り返る。

アイガー北壁「日本直登ルート」開拓50周年 隊長自らカメラに収めた前代未聞の挑戦

1969年夏、ジャパン・エキスパート・クライマーズ・クラブ(JECC)のメンバー6人が、アイガー北壁に新ルートを開拓。そのルートは「Japaner Direttissima(日本直登ルート)」と名付けられた。「赤い壁」と呼ばれる難所を通る直登ルートは前代未聞の挑戦だった。

一番になるより、まず安全性 スイスでのソリ滑り お勧めルートと注意点

ソリすべりはさほど危なくないレジャーのように思われるが、実は危険性が潜んでいる。スイスでは毎年、7千人以上が捻挫、挫傷、骨折などの怪我を負っており、過去10年間では8人死亡している。