主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

市民発の取り組み 未利用食品を無償で提供 食品ロス削減にも

スイスではおよそ10人に1人が貧困状態あるいは経済的にギリギリの生活を送っている。こういった人々を支援するため、国の社会的セーフティーネットや慈善団体の活動と並んで増えているのが、市民による取り組みだ。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

債務問題 金銭問題タブーのスイス 借金地獄に苦しむ若者

裕福なスイスにも借金を抱える人はいる。しかし金銭問題はタブー視され、債務者は相談をためらいがちだ。19歳から始まった借金地獄をようやく抜け出した男性(26)に話を聞いた。 

スイスの移民政策 不法移民の支援、罰則規定はそのまま

スイスで不法難民を支援すると、たとえ純粋に人道的な理由があったとしても法律違反で処罰される恐れがある。連邦議会は「高尚な理由」に基づく場合を刑罰の例外とする改正案を否決した。

スイス国籍の取得希望者 スイス国籍を取りたがるのはイタリア人よりロシア人

誰もがスイス人になりたいと望むわけではない。遠い国の人々の方がヨーロッパの出身者よりもスイス国籍に魅力を感じている。また、年齢と祖国への愛着も関係する。 

スイス人になるには 「生活保護」への根強い偏見 国籍取得でも

「過去10年間、生活保護を受けていないことがスイス国籍取得の要件」。これはアールガウ州の有権者3分の2が賛成し、可決された規定だ。これにより、同州では他の大半の州と比べ、スイスに帰化するためのハードルが高くなった。生活保護受給者と関わるイングリッド・ヘスさんは「この投票結果は、生活保護がいかに...

新国籍法 スイス人になるには

​​​​​​​ 2018年1月にスイス国籍法が改正され、スイス国籍の取得は難しくなった。変更点を見てみよう。

女性器切除 「なんてひどいことを」

ソマリア出身のベラさんがスイスに来たのは16歳の時。世界中で2億人が苦しむ、ある慣習の被害者だ。彼女は5歳のとき、自身の意思に反して女性器切除(FGM)を受けた。

世論調査 スイス、世論は同性婚に賛成

スイスの世論調査で、同性愛者も結婚や養子縁組、製紙提供ができるようにするべきだとの意見が広がっていることが分かった。スイス議会は慎重だ。

難民申請

スイスは誰でも迫害からの保護を受けるために難民申請をできるが、申請者は難民という立場を証明するか、少なくとも信頼できる形で説明しなければならない。

チョコレート レダラッハ不買運動、SWISSが提携解消

スイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)は、過去10年間に一部の搭乗者へ配っていたスイスの老舗チョコレートブランド「レダラッハ」のチョコ入りボックスについて、4月中旬からこれを取りやめる。マイノリティ団体によるレダラッハの不買運動が影響したとみられる。

このコンテンツは2020/02/03 10:33に配信されました

知られざる過去 ユダヤ人に「命のビザ」発行したスイスの支援網

スイス・バーゼルでは今、スイスが第二次世界大戦中に欧州系ユダヤ人を守ろうと画策した足跡に焦点を当てた展覧会が開かれている。それは迫害を逃れようとするユダヤ人たちのため、ラテンアメリカのパスポートやビザを偽造した地下ネットワークのあまり知られていない歴史だ。日本の神戸を経由してパラグアイに亡命す...

家族 スイスの「赤ちゃんポスト」、どんな仕組み?

スイスでは今月、町工場に捨てられた新生児が見つかり大きな議論を呼んだ。女児の体は冷え切った状態で、通行人がたまたま発見した。スイスではこうした事態を防ぐため、「赤ちゃんポスト」が設置されている。

神に導かれナイジェリアからスイスの教会へ 「子供の頃から夢の中でミサを行っていた」

ナイジェリア生まれのジェラルド・チュクディ・アニ神父は、わずか5歳にして一人前になることを強いられた過去を持つ。幼い頃からの夢だった天職に就くため苦労を重ね、今はティチーノ州の教区と学校でキリストの教えを説く。

改革 スイスの難民認定制度の仕組み

スイスで今年3月から新たな難民法が施行され、難民認定手続きは140日以内に迅速に処理されることになった。ところがその一方で、改革された難民認定制度には多くの批判もある。どのような制度になっているのだろうか?

スイスの宗教 スイスは本当にキリスト教国?

スイスはキリスト教徒が最も多い。だが様々な信仰が混在しているのも事実で、宗教や宗派も多岐にわたる。

難民政策 刑務所に入れられる子どもたち スイスの難民申請者の扱いに高まる批判

期間の長短はあっても、約20人の子どもが毎年、スイスの刑務所に収容されている。難民申請が却下され、国外退去までの間、当局によって収容されることになった外国人だ。連邦議会は、激しい非難の声にもかかわらず、未成年者の収容を禁止する提案を否決した。

難民政策 変貌するムーティエ刑務所 収容者の生活改善を目指して

ベルン州は、ムーティエ刑務所を今後、難民申請が却下された外国人を国外退去させるまでの間収容する施設として使うことに決めた。この決定によって刑務所の職員や施設に生じた日常の変化を写真で追った。

農業における男女平等 無償で働くのは愛があるから

農業に従事する女性の約7割は無給だ。そのため、彼女たちは「無職」と見なされている。給料を受け取ったことがなく、社会保障制度による補償を十分に受けられなかったモニークさん*は、離婚と同時にすべてを失った。このような問題を避けるため、ロランス・ジョバンさんとフィリップ・ジョバンさん夫妻は、農場関連...

障害者の権利 スイス、障害者権利条約の履行に大きな遅れ

スイスは2014年、ニューヨークで「障害者の権利に関する条約(障害者権利条約)」を批准した。批准国の義務の一つにある「精神障害者の社会へのインクルージョン(包摂)推進」がある。この具体例の一つとなった音楽フェスティバルが、先頃チューリヒで開催された。

マッド・プライド 精神病や患者への偏見をなくそう! スイス初のデモ行進

ジュネーブで10日、スイス初の「マッド・プライド」が開かれた。精神障害者に対する偏見をなくすべく、患者やその家族、医療関係者ら約500人が行進した。