主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

男女平等を求めて スイスの女性ストライキに50万人が参加

男女間の賃金格差是正や職場でのハラスメント根絶を求め、スイス各地で行われた14日の女性ストライキは、計50万人が声を上げた。歴史的規模になったストライキを写真で振り返る。  ...

数字で見る性差別 スイスの男女間格差

スイスでは男女平等が憲法で保障されている。これは1981年6月14日の国民投票で有権者が勝ち取った権利だ。ところが可決から38年経った現在でも、この権利は実現されていない。スイスの日常生活における男女格差を示す5つの重要な指標を以下にまとめた。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

フェミニズム運動 女性ストライキの長い歴史 闘いはまだ終わっていない

スイスで初めて女性ストライキが起こったのは、1991年6月14日。何十万人もの女性がこの運動に参加した。あれから30年近く経った今年6月14日、再び大規模な女性ストライキがスイスで予定されている。

2019年の選挙にどう反映されるか スイス人の心配事 「年金」がトップ

スイス人にとって最も心配な5つの問題とは?毎年スイスの有権者にこの質問をするようになって25年以上が過ぎた。統計を見ると、スイス人の胸の内が見えてくる。

#世界禁煙デー 評判悪いスイスの喫煙文化、観光業にダメージ?

スイスを訪れる観光客は大方のことには満足して帰るが、その例外はスイスの喫煙文化だ。この事実をスイス観光業界はどう認識しているのか?

命の尊厳 台湾の有名司会者がスイスで安楽死 その後台湾で起こった大きな運動とは

台湾のスポーツキャスターで有名テレビ司会者、傅達仁(フー・ダーレン)さんは、スイスの自殺ほう助機関のサービスを受け「安楽死」をした初めてのアジア人だ。台湾ではこの春、自殺ほう助の合法化を国民投票で実現しようという動きが起こったが、有権者の支持を得られなかった。だが関係者はあきらめてはいない。

国際比較ランキング デート代、世界一高い都市はチューリヒ 東京は5位

レストランでの食事代、映画のチケット代、帰りのタクシー代が最も高い都市は―?ドイツ銀行がまとめた価格と生活水準に関する国際ランキングの2019年版で、スイスは複数の項目で首位を占めた。

プールの季節 夏に飛び込む

今年もプールの季節がやってきた。スイスには500カ所を超える野外・天然プールがあり、多くは100年以上の歴史を持つ。 ...

高齢化社会 スイス・ベルン州と奈良県、高齢化社会対策で共同プロジェクト立ち上げへ

スイス・ベルン州は22日、友好提携協定を結ぶ奈良県と高齢化社会対策の共同プロジェクトを立ち上げると発表した。スイスでも高齢化が進み、対策が急務となっている。このためベルン州は5月、奈良県に専門家を派遣。共同プロジェクトの第一段階として、最先端の研究を行う「高齢化社会のイノベーション」研究所の構...

このコンテンツは2019/05/24 11:51に配信されました

通勤ライフ 公共のマナー スイスでお行儀良く電車に乗るには?

誰にも迷惑をかけないで、電車に乗って、目的地まで行き、降りる-。簡単なことのようだが、スイスのバスや電車を使う際の公共マナーのエキスパートによると、実はそうでもないらしい。

スパイ スイスの諜報機関にまつわる10の疑問

スイスの連邦情報機関(NDB)は、小さく「知的な」諜報機関だそうだ。でも実際は、血なまぐさい行為よりもむしろ初歩的なミスを犯す組織として話題に上がることの方が多い。そんなスイスの諜報機関を知る10個のポイントを紹介する。

スイスの国際遺体搬送 亡きがらが国境を越えるとき

葬儀の準備は、当然ながら楽しいことではない。故人の遺族や近親者は、悲しみだけでなく、一連の書類手続きや、経済的なハードルを乗り越えなくてはならない。とりわけスイスから国境を越えて遺体を搬送する場合、ハードルはさらに高くなる。

刑務所 脱獄囚の割合、スイスが欧州で最多

スイスは欧州の中で、受刑者に占める脱獄囚の割合が最も高かったことが、新たな調査で分かった。

このコンテンツは2019/04/23 10:00に配信されました

ジェンダーギャップ スイスの職場の男女格差 国際比較

仕事、政治、収入 ―。スイスの男女格差は極めて大きい。ここでは女性が特に過小評価されている5分野を取り上げ、国際的に比較した。

老後の暮らし スイスの年金生活者は優遇されすぎ?世代間格差が問題に

スイスの年金制度に崩壊の危機が迫っている。その一方でスイスの年金給付額は世界で最も高額だ。スイスのお年寄りは年金をもらいすぎているのだろうか?

最近の若者は… 失格者を減らせ! スイス軍がトレーニングアプリを開発

スイス軍にとって兵士の肉体作りはケガを減らし失格・脱落をなくすための重要課題だ。そこでスイス軍は兵役に就く前に体を鍛えるためのスマートフォン用アプリを開発した。