国際都市ジュネーブ

おすすめの記事

シリア憲法委員がコロナ感染 ジュネーブで隔離

このコンテンツは 2020/08/25 シリアで続く内戦を終わらせ政治的解決策を見つけるための会合が24日、9カ月ぶりにジュネーブで始まった。ところが、シリア憲法委員会の4人のメンバーが新型コロナウイルスに感染し、会合が中断している。 国連は24日、シリア憲法委員会のメンバーの新型コロナウイルス感染により、会合を保留すると発表した。

おすすめの記事

フレデリック・ビエリICRC代表が朝鮮戦争開戦時に見たもの

このコンテンツは 2020/08/15 1950年6月に勃発した朝鮮戦争は未だに終戦に至っておらず、南北の分断は続き、冷戦以降も超大国を軸とした国際的な緊張は途切れることがない。ジュネーブにある赤十字国際委員会(ICRC)のアーカイブ資料からは、70年前の朝鮮戦争の状況を韓国のICRC代表だったフレデリック・ビエリの見解で辿ることが...

おすすめの記事

ILOグローバルサミット開催 労働者の社会的保護を

このコンテンツは 2020/07/08 新型コロナウイルスの世界的な大流行による雇用情勢の悪化で、不当な解雇や雇止め、就労は男女に不平等が見られ、さらなる企業のデジタル化やテレワーク導入といった新しい働き方のための国際的な取り決めの欠如などが浮き彫りになった。国際労働機関(ILO、本部・ジュネーブ)はグローバルサミットを開催し、加盟...

おすすめの記事

「災害リスクの考え方を包括的に」 国連防災担当の水鳥氏

このコンテンツは 2020/03/11 東日本大震災が起きて9年。この大災害から得た教訓を「仙台防災枠組み」に活かして防災・減災のための国家の対応力向上を呼びかけ、大惨事の記憶を風化させないように努める国連防災機関(UNDRR)トップである国連事務総長特別代表水鳥真美氏に防災対策の現状や問題点を聞いた。

おすすめの記事

世界の気候難民に救いの手を ジュネーブの支援プラットフォーム

このコンテンツは 2020/02/19 災害と気候変動の影響で移住や避難を余儀なくされた人々が大きく報じられ、国際的な関心を呼んでいる。ジュネーブに本部を置く組織「災害避難民プラットフォーム(Platform on Disaster Displacement)」は、今世紀最大の人道的課題とも言われる気候難民問題に取り組む団体の一つだ。