主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスコムCEO、新技術への不安は「今に始まったことではない」

スイスの通信最大手スイスコムのウルス・シェッピ最高経営責任者(CEO)がテレビインタビューで、人々が抱く5Gへの不安について語った。(SRF/swissinfo.ch)

国の安全保障 5Gで試されるスイスのサイバーセキュリティー

外国の通信機器サプライヤーと提携して次世代通信規格5G(第5世代)のネットワークを構築するリスクについて考え直す国が増えている。5G技術をいちはやく導入した国の1つ、スイスの動向に注目が集まっている。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスに拠点を置く多国籍企業 多国籍企業にとってジュネーブの魅力は薄れつつあるのか?

ジュネーブに拠点を置く米国や日本の多国籍企業が最近、相次いで人員削減計画を発表した。これはジュネーブの現在の景況や労働市場の流れを反映した動きなのだろうか?

世界経済フォーラム スイス、競争力ランキングで5位 2年連続低下

世界経済フォーラム(WEF)が9日発表したグローバル競争力ランキング2019年版で、スイスは5位に順位を下げた。昨年の4位からさらに順位を落とした。

このコンテンツは2019/10/10 10:00に配信されました

スイス時計業界 スウォッチの木造新本社がお披露目 設計は坂茂氏

スイス北西部・ビールにスウォッチ・グループの新本社が完成した。世界最大級の木造建築を設計したのは日本人建築家の坂茂氏だ。

このコンテンツは2019/10/04 11:32に配信されました

エシカル消費 スイスのファッションブランド、生活賃金の保証進まず

スイスのファッションブランドに対し、下請け企業の労働者が公正な条件で働けるようさらに努力するよう求める声が広がっている。スイスの非政府組織(NGO)「パブリック・アイ」は、スイス企業が透明性の国際基準に達しておらず、最低限の生活を送るのに必要とされている生活賃金を支払っていないと指摘する。 

貿易関係 ドイツ経済不振、スイスへの影響は?

スイス経済は昔から、欧州最大の経済国・ドイツの景気に大きな影響を受けてきた。現在のドイツ経済の停滞は、スイスにどのような影響をもたらすのか?

シリーズ「スイスの多国籍企業」 スタートアップから多国籍企業へ スイスのシューズメーカー「On」

急成長を続けるスイス発のランニングシューズメーカー「On(オン)」は、従来の多国籍企業とは一味違う。On共同設立者のキャスパー・コペッティ氏は、厳しいスポーツシューズ業界で後れを取らぬよう、常に一歩前へと進む姿勢を崩さない。チューリヒ本社を訪れ、コペッティ氏に話を聞いた。 ...

デモ スイス企業、香港のデモ運動を注視 時計業界には打撃

香港のデモ活動で店舗の閉鎖や空路の混乱が長引き、世界中が事態の成り行きを注視している。スイス企業はビジネスへの悪影響を警戒しつつも、状況を静観している。

デジタル課税 巨大IT企業への課税、スイスに痛手か

多国籍企業が税制上の抜け穴を利用した課税逃れを防止するため、国際的な課税ルールの抜本的な改革が急ピッチで進められている。6月の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でも、巨大IT企業への「デジタル課税」ルールが焦点の一つになった。ただ、低税率で多国籍企業を誘致してきたスイスは、国際課税ル...

環境が健康に及ぼす影響 国連の有毒廃棄物専門家が指摘、農薬メーカーの人権への取り組み「著しく不十分」

スイス国内の農薬の使用および販売を制限するよう求める2つのイニシアチブ(国民発議)が先月、国民議会(下院)で議論された。有害化学物質を段階的に禁止するためには、農薬メーカーとスイス連邦政府は取り組みを強化すべきだと国連の有害廃棄物特別報告者は指摘する。 

ニュートリスコア ネスレが新しい「栄養スコア」導入へ

スイスの食品大手ネスレは、欧州で販売する飲食料品に、栄養価を5段階で示す「ニュートリスコアNutri-Score(栄養スコア)」を段階的に導入すると発表した。

このコンテンツは2019/06/27 11:11に配信されました

チキータ・ブランズ・インターナショナル レマン湖畔から世界に君臨するバナナ王、チキータ

ヴォー州の町、エトワ。「バナナと同じ形の湖」とカルロス・ロペス・フロレス社長が言うこのレマン湖畔の町には、バナナ生産・販売大手の「チキータ・ブランズ・インターナショナル(Chiquita Brands International)」がオフィスを構える。

鉱山開発と人権 資源大手グレンコア 透明性向上への取り組み

スイスの資源大手グレンコア。同社を巡ってはいくつもの訴訟が起き、人権問題もしばしば取りざたされている。同社が手がける事業は広範にわたるが、その隅々まで人権を守る「正当な注意義務(デューデリジェンス)」をどう進めるかについて、同社の持続可能な開発担当部門の責任者に話を聞いた。 

人材不足 多国籍企業 拠点選びにスイス離れの傾向

かつて多国籍企業の拠点として理想的とされたスイス。しかし、今やオランダなど欧州内にある他の「ハブ」にお株を奪われつつある。

薬価 2億円の医薬品 なぜそんなに高額なのか

米食品医薬品局(FDA)はスイス製薬大手ノバルティスの脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する遺伝子治療薬「Zolgensma」を承認した。この薬が話題をさらったのは、史上最高額の210万ドル(約2億3300万円)という薬価だ。なぜそんなに高いのだろうか。

薬価の透明性 WHO総会、製薬会社の「薬価の秘密」開示は踏み込めず

ジュネーブで開かれていた世界保健機関(WHO)の年次総会で、3週間の激しい交渉の末、加盟国が医薬品価格の透明性改善を目指す決議を採択した。ただ当初の目的の1つだった、製薬会社に費用の詳細を開示させることは実現できなかった。

このコンテンツは2019/05/31 11:29に配信されました

日本では高額な白血病の新薬が話題 薬価設定の透明性をどうするか 高まる圧力に悩む製薬業界

20日、スイス・ジュネーブで始まった世界保健機関(WHO)の総会で、イタリアから出された決議案が注目を集めている。それは高額な薬価設定や医薬品市場の透明性を高めるよう求めた内容だ。日本でも高額な白血病の新薬が話題になったが、この決議案は旧来の医薬品業界に風穴を開けるのか。

シリーズ「スイスの多国籍企業」 ジェンダー平等を実現 社会的使命に燃えるイケア

青と黄色のコーポレートカラーが特徴的なIKEA(イケア)は50カ国以上で展開している。極めてスウェーデン的な企業でありながらも、スイス国内でも長く豊かな歴史を持っている。今日、ジェンダー平等を目指した取り組みでスイスの他の企業の手本となろうとしているイケア。他企業は追随するだろうか?

パーム油 ネスレの衛星モニター、森林伐採を防げるか?

ネスレは先月、パーム油のサプライチェーンを監視するために使っている衛星通信技術を報道陣に先行公開した。森林伐採をめぐる透明性を向上させようと取り組んでいるが、消費者の目が届くようになるまでにはまだ時間がかかりそうだ。

グローバル化 スイス大企業、6割は外国人投資家の手中

スイスの大企業の株主のうち、国内投資家は4割未満であることが国際会計事務所アーネスト&ヤング(EY)の調べで分かった。ドイツ語圏の日刊紙NZZ日曜版が報じた。