主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスの建築③ ローザンヌ・メトロM2(その1)

2008年に開通したヴォ―州ローザンヌ市内のメトロM2。スイス初の完全自動運転メトロは、今ではローザンヌ市民に欠かせない存在となった。メトロM2の建設では傾斜地に広がる複雑な地形や文化遺産などが問題となって立ちはだかった。ローザンヌが見い出した唯一の解決策はどのように議論・実現されたのか。

スイスの建築② サン・ルーの仮設チャペル(その3)

日常的にチャペルを使うシスターは、チャペルに欠かせない要素や、実際に使ってみて何を素晴らしいと感じたかを語る。建築家のアントワン・グロピエールさんは何千年も持つように建てられた大聖堂と、サン・ルーの仮設チャペルが持つ根本的な違いについて話した。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

過少代表 スイスの民主主義で取り残された人たち

民主主義の根幹は、国民が政治的に適切に代表されることにある。この点に関して言えば、民主主義の模範国とされるスイスにも欠陥がある。女性や若者のほか、学歴と収入の低い人は政治的に代表されることが少なく、スイス人口の25%を占める外国人にいたっては投票権が認められていない。

善悪の境目は チューリヒの幼稚園、データ保護を学ぶ授業をスタート

チューリヒ州は今春から、4~9歳児を対象にデータ保護やプライバシーの問題について学ぶ時間を設ける。ヨーロッパでも先進的な取り組みだ。

スイスの建築② サン・ルーの仮設チャペル(その2)

実際にチャペルを使うことになるシスターたちは当初、奇抜な仮設チャペルのアイデアに驚いたが、建築工事が進むに従い心情が変化したと話す。建築家のハニ・ブリさんは、折り紙をヒントにした構造がチャペルにもたらす様々なメリットを語った。

スイスの建築② サン・ルーの仮設チャペル(その1)

スイスのヴォー州、ジュラ山脈の麓のサン・ルーにモダンな木造の仮設チャペルが建てられた。さまざまな条件を満たすため、建築家らが熟考に熟考を重ねて生み出したアイデアは、日本の折り紙をヒントにしたものだった。

スイスの建築① ロレックス・ラーニングセンター(その4)

2010年2月20日、ついにロレックス・ラーニングセンターがオープンした。地域の人気スポットとなるのか。期待通りの役目を果たすのか。実際に施設を利用する学生たちの評価は…?

スイスの大学 スイスへの留学生 就職チャンスはどのくらい?

英米では、留学生が卒業後に現地で就職しようとする場合、移民法の規制を受ける。スイスでも、欧州連合(EU)加盟国以外からの留学生については同様だ。ただし最近では、こうした留学生のチャンスを広げる動きも出ている。

スイスの建築① ロレックス・ラーニングセンター(その3)

カフェテリアと書店、図書館の仕切りに壁を使わない― 完成しないうちから色々な建築雑誌で紹介されたラーニングセンターの建築アイデアに、関係者らはそれぞれの反応を見せる。

スイスの建築① ロレックス・ラーニングセンター(その2)

ラーニングセンターは2008年に着工。類稀な構造なだけに建築作業は困難を極めたが、SANAAは妥協を許さない。妹島・西沢両氏が自ら現場に足を運んで守り抜いた「信念」とは?

スイスの建築① ロレックス・ラーニングセンター(その1)

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)に2010年2月に完成したロレックス・ラーニングセンター。コンペを勝ち抜き設計を担ったのは、妹島和世氏と西沢立衛氏による日本の建築家ユニットSANAAだ。

学術研究のトレンド

スイスには12の州立大学と連邦工科大学が2校あり、多数の分野で最先端の研究を行っている。

教育と科学 ローザンヌの学習科学研究センターLEARN

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)で教育にイノベーションを起こすための学習科学研究センターLEARNが開設した。教育関連サービスや研究、起業プログラムの拠点とする。

イーロン・マスクに賭けろ 超高速鉄道ハイパーループに夢をかけるスイスの研究者たち

イーロン・マスク氏が磁石の浮力を利用し真空管の中を超高速で走る交通機関で世界を変えようとしている。7月末に米カリフォルニアでこの新技術を競った学生たちのなかには、スイス人学生も2人いた。だが実は発想そのものは新しくはなく、1974年にスイスメトロが似たようなプロジェクトを立ち上げていた。マスク...

研究評価 研究の良し悪しを決めるのは量か、質か?

大学ランキング、インパクトファクター(IF)、論文の被引用回数――。こうした指標は研究成果の優劣を測る尺度してよく用いられているが、数量的な指標は時代遅れで科学の発展を阻害しかねないとの批判が上がっている。

スイスの教育に関するその他の情報

スイスの学校教育は各州の管轄下にある。スイスの州は全部で26州だから、26通りの教育制度があるということだ。

教育 教育現場の性暴力 約100人の教師がブラックリストに

スイスには教師のブラックリストが存在する。現在リストに載っている95人の多くは性犯罪を理由に教員免許を取り上げられた小学校の教師だ。しかし、すべての州が問題のある教師を報告しているわけではない。

伝統音楽を学ぶ ヨーデル初心者クラス

スイスインフォは、ルツェルン州のエンメンブリュッケで開かれた初心者向けヨーデルクラスを取材した。ソロのヨーデル歌手で、コーラスマスターのウルスラ・ゲルネットさんの指導の下、5回にわたって声を出す特訓を受けた。(Julie Hunt, swissinfo.ch)

スイスの伝統音楽 アルプスのヨーデルを高等教育で 新たな試みに賛否両論

スイスアルプスの歌唱法ヨーデルは、牧童が家畜を呼び寄せるためや、違う山で働く仲間と連絡を取るための手段として生まれ、今日まで進化してきた。スイスでは、ヨーデルクラブに入会するまでに、家庭で歌い方を習っているのが一般的だ。今年、ルツェルンの大学はその一歩先を行き、学位を取得できるヨーデル専攻コー...

高等教育機関に進むには

外国人がスイスの大学以上の高等教育機関に入学するには、優秀な成績、高い語学力、場合によっては勤務経験が必要。