Navigation

歴史

主要カテゴリ

おすすめの記事

気候変動、一体誰のせい?

このコンテンツは 2021/08/26 19世紀に変化した自然災害への対応は、スイスを国家としてより強固なものに変えていった。嵐や地滑りはもはや神の裁きではなく、力を合わせて対処すべき問題として捉えられるようになった。誰のせいで、誰の責任なのかという問題は、公の利益のためにタブーとされ、その姿勢は今も根強く残る。

おすすめの記事

パンデミック最前線で活動する従軍牧師

このコンテンツは 2021/03/13 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴い各地で支援任務に当たったスイス軍の兵士たちもまた、精神的に大きな影響を受けた。そんな兵士らを支えるのが、従軍チャプレン(軍隊専属の聖職者)だ。今では迷える人々を教え導くというより、人に寄り添うことが使命になりつつある。

おすすめの記事

スイス軍用機発注の舞台裏 F-5タイガーの場合

このコンテンツは 2020/08/24 軍用機の購入は複雑な任務だ。国内政策は外交政策と、防衛政策は経済政策とぶつかり合う。中立をうたうスイスではさらにこれがややこしくなる。スキャンダルもほぼ必ずついて回るからだ。ところで戦闘機はどうやって調達するのだろう?ほぼ未検証の資料をもとに、F-5タイガー戦闘機発注の舞台裏をのぞいた。

おすすめの記事

リヒテンシュタイン侯爵とスイスの彼方に消えたUFO

このコンテンツは 2020/06/04 リヒテンシュタイン元首のハンス・アダム2世は、宇宙人が地球にやってくると長い間信じていた。天体物理学者ジャック・ヴァレー氏の日記には、侯爵家の食卓で未確認飛行物体(UFO)の目撃情報や「暗黒の陰謀説」がたびたび話題になっていた様子が細かく書き記されている。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。