主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

太陽電池式飛行機で世界一周 ソーラー・インパルス2がスペインで第二の人生

2016年に世界一周旅行を達成してから3年。ソーラー・インパルス2は、スペイン拠点のスタートアップ企業スカイドウェラーと機体の「新たな使用」に関する契約に署名した。

このコンテンツは2019/09/13 7:55に配信されました

環境保護 チューリヒのリマト川が蛍光グリーンに染まる

スイス・チューリヒ中心部を流れるリマト川が10日、蛍光グリーン色に染まった。環境保護団体が「私たちの生態系の差し迫った崩壊」に抗議するため水を染色したという。

このコンテンツは2019/09/12 9:28に配信されました

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

イノベーション ロボットで農業をもっと効率的に?

ロボットのおかげで農業がもっと効率的に―?スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)農業科学研究所の試験農場で、ロボットを活用した農業の効率化を目指す研究が進んでいる。

省エネ スイスはなぜ石油暖房が多いのか

スイスは暖房用石油の使用率が欧州で最も高い。世界自然保護基金(WWF)は、各州が打ち出した建物の省エネ戦略の失敗が背景にあると指摘する。

トリアン氷河 1891年から2010年への変化

フランスとの国境近くにあるトリアン氷河

フェルペクル氷河 1900年から2010年への変化

ヴァレー州のフェルペクル氷河。中央のカーソルを左右に動かすと、1891年から2010年への変化をわかりやすく追体験できます。

シリーズ「スイスの氷河」標高3000~4500m 融解を食い止めろ!人工雪でアルプスの氷河を救う

アルプスの氷河が気候変動の影響でますます減少している。氷河の命運を神に委ねる人々がいる一方で、テクノロジーの力で後退を食い止めようと試みる研究者もいる。 

グラフィックで見る地球温暖化 気候変動はスイスにどれだけ大きな影響を与えたか

気温の観測が始まった1864年と比べ、スイスの平均気温は1.9度上昇した。特にスイスのどの地域でどのように気温が変化しているか、グラフィックでひも解く。

ローザンヌ気候変動サミット 環境活動家グレタ・トゥーンベリさん、自身への批判に心境語る

スウェーデン出身の環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)がフランス語圏のスイス公共放送テレビ(RTS)のインタビューに応じ、自身に向けられた「父親の操り人形」などという批判について、「私のことより気候変動の危機に目を向けてほしい」と語った。

雷雨 スイスで稲妻4万回 原発が一時緊急停止

スイスは5日夜から6日にかけて激しい雷雨に見舞われた。ベツナウ原子力発電所の緊急停止や多数のフライト運航見合わせなどの影響が出た。

このコンテンツは2019/08/07 10:10に配信されました

気候変動 熱中症死亡は目下スイス最大の脅威

欧州の学術機関が今月初め、温室効果ガスの排出と気候変動、健康との関連を明らかにした研究報告書を発表した。研究に参加したスイス熱帯公衆衛生研究所のマルティン・レースリ氏によると、スイスは以前から気候変動と健康の関係に注目し、熱中症や熱帯性の感染症拡大を防ぐ取り組みを進めている。

寝台列車 スイス連邦鉄道、国際夜行列車が復活?

スイス連邦鉄道が、国際夜行列車(寝台列車)の再導入を検討している。昨今の気候保護運動の中で、短距離フライトの環境に与える悪影響が取りざたされ、列車の旅に再び注目が集まっている。

身近な数字で考える環境 空き缶1本のリサイクルがどれだけ役に立つのか

道端の空き缶やたばこの吸い殻はどの国でもみられる風景だ。スイスのような小さな国でも、積み重なれば環境に与える影響は大きい。

5月20日は世界蜂の日 スイス養蜂のメッカ キエンタール

ハチの存在が脅かされている。1985年以降、個体数は25%減った。スイスには比較的多くの養蜂家が残っており、1万7500人で計16万5千匹のハチを育てている。そのうちの一人マルク・ラッツェルさんは特殊な飼育法を写真に収めた。

水資源 飲み水が足りない 「欧州の給水塔」スイスに曲がり角

スイス西部のヌーシャテル州アンジュ村では新しい家を建てるのが禁じられている。飲み水が不足しているからだ。専門家はこの村が「賢い」選択をしたと言い、周辺自治体も見習うべきだと話す。

スイスの交通 スイスの道路輸送費、車を持たない人も支払っている?

スイス国土をまんべんなくカバーする鉄道システム、そしてアルプスを横断する道路網。これらが国の交通予算の大部分を占めていると思うかもしれない。でも、本当にそうだろうか。

SNSでも話題に スイスで春の大雪 桜も雪化粧

あたたかな陽気が続いていたスイスは4日、一転して強い寒気に見舞われ、真冬並みの気温となった。各地で雪が降り、アルプス地方では降雪量が最大1.5メートルに達した。

このコンテンツは2019/04/05 12:34に配信されました

気候変動 温暖化融資で非難を浴びるスイスの銀行

パリ協定を結んだ2015年以来、世界各国の銀行が石油・ガス関連企業に融資したお金は1兆9千億ドル(約210兆円)に上るとされる。そのうちイスの2大銀行、UBSとクレディ・スイスの融資額は計830億ドルになった。